カテゴリー     - J-POP -

スポンサーサイト 
スポンサー広告 | TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
【オフコース】 さよなら 
J-POP | TOP ▲
スポンサーサイト
[2006/08/06 07:57] | J-POP | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲
【尾崎豊】  シェリー <新宿ルイードでの伝説のファーストライブ> 
J-POP | TOP ▲

中退した高校の卒業式の日に行った「新宿ルイード」での初ライブ 。
アンコ ールで 「シェリー」、「ダンスホール」。
尾崎のようなアーティストはもう二度と出ないか。
[2006/08/06 00:01] | J-POP | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
【河島英五】 酒と泪と男と女 ~比叡山1200年コンサートから 
J-POP | TOP ▲
1987年5月16日、NHK-BSの試験放送で生中継された「比叡山開山1200年コンサート」からの貴重な映像(当時35歳)。

「酒と泪と男と女」は、河島英五(かわしま えいご、1952 - 2001)の代表的なヒット曲。
「ホモ・サピエンス」を解散してソロ・シンガーとして再スタートした1976年(当時24歳)のデビュー曲。硬派に男の心情を素朴に歌い上げた。
ほかに、「野風増」、「時代おくれ」、「生きてりゃいいさ」など、男たちの応援歌としてカラオケで愛唱された。


sakenamida
Uploaded by livelog

河島英五は2001年4月16日午前、肝臓疾患のため大阪府東大阪市内の病院で48歳という若さで亡くなった。

その年の「紅白歌合戦」では、親友の堀内孝雄が大スクリーンに映し出された河島英五とともに「酒と泪と男と女」を熱唱。故人を偲んだ。


1995年阪神・淡路大震災では、復興義援コンサート「復興の詩」をプロデュースするなど、社会的な活動にも取り組み、また俳優としてNHK朝の連続テレビ小説「ぴあの」「ふたりっ子」などに出演した。

[2005/08/29 00:32] | J-POP | トラックバック(1) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
【Mr.Children-ミスター・チルドレン】名もなき詩 
J-POP | TOP ▲
Mr.Children(ミスター・チルドレン)は、桜井和寿(vo&g)、田原健一(g)、中川敬輔(b)、鈴木英哉(dr)の4人によっ

て1989年に結成、1992年に小林武史プロデュースのミニ・アルバム「EVERYTHING」でデビューした。

1993年頃から注目を集め、シングル「CROSS ROAD」が1260万枚以上のセールスを記録、「イノセントワールド」(第36回日本レコード大賞受賞)で一気に日本を代表するバンドとなった。





「名もなき詩」は、ミスチルが成熟期に入った1996年の作品。オリコン初動売り上げ120万枚を記録して、歴代初動売り上げ枚数1位を記録した。「名もなき詩」は230万枚を売り上げ、1996年オリコン年間ランキングで2度目の1位を獲得した。


[2005/08/28 23:18] | J-POP | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
【尾崎豊】シェリー 
J-POP | TOP ▲
1984年3月15日、新宿ルイードでの伝説のファーストライブ「OZAKI・18 THE FIRST APPEARANCE IN TOKYO AT SHINJUKU RUIDO ON MARCH 15th IN 1984 」より引用。

中退した高校の卒業式に行った「新宿ルイード」での初ライブ。
コンサートの曲目を見ると、ファーストアルバム「十七歳の地図」からの選曲と思われるが、
「シェリー」はセカンドアルバム「回帰線」に収められた曲。すでにこの初ライブの時に「シェリー」ができていたのはすごい。
ギター1本の引き語りとは思えない迫力。まさに尾崎の原点という感じだ。

;

ライブ当日は、殺到した観客とマスコミで場内はパニック状態。入場できなかったマスコミが怒り出すというハプニングもあり、前代未聞のデビューライブだったという。
今はなき新宿ルイードの客席はわずか300。ところが、当日は倍近い観客で埋め尽くされ、入りきれなかった大勢のファンのために会場の外に特設モニターが設置されたというから驚く。 

ここで紹介する「シェリー」は、ラストの「15の夜」を終えて楽屋に入った後、5分ぐらい続いたアンコールの拍手に応えたもの。
シェリーの後もアンコールの拍手は鳴り止まず、最後は「ダンスホール」で終了した。

映像は、「シェリー」の前、アンコールの拍手のシーンから。
[2005/08/23 23:14] | J-POP | トラックバック(1) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。